2010年01月15日

追悼 岡崎直樹さん

LIVEHOUSE BIRDのマスターであり岡山が誇るアルトサックス奏者でもある岡崎直樹さんが急逝された。
本日、お通夜に参列させていただいた。

私なぞが想いを語るのは、甚だおこがましく、また、突然の訃報に言葉も見つからないというのが正直な気持ちだったが、それでも想いを記すことが、お世話になったせめてものお礼になると信じて、筆をとる。

BIRDに初めてお邪魔したのは社会人になったばかりの23才の時。
「こんな素敵な空間があるんだ!」と大人の世界を教えてくれた場所である。
歴史の重みが息づく壁一面に描かれたアーティストのサイン。木の温もりに包まれたセピア色の空間は、「お前にはまだ早い」という感じで、少し背伸びをしつつも、それがまた心地よいものだった。

ジャズのことは全くわからなかったけれど、「大人の粋」を感じるその空間に身を置くことが幸せで、マスターとカウンター越しに世の中で起こっている様々な出来事についてお話するのが楽しみだった。世間知らずの若僧の言うことにも温かな眼差しで耳を傾けてくださり、ともに語ってくださった。

今から思えば、お店に出演しているミュージシャンでもなく、常連というほど足繁く通う客でもなかったのだが、お店が終ってから、よくマスター&奥様に「下津井港」に連れていっていただき、ご馳走になった。
(毎回、私が閉店まで粘ってたってことですな。。。)

その後、岡山の音楽情報サイトのお仕事でお世話になることに。お店の記事(※2001年の記事です。最新情報ではありません)も書かせていただき、ご無理をお願いしてマスターに貴重なコラムも寄稿していただいた。

昨年5月、イベントのチラシをお店に貼っていただくお願いかたがた、飲みにお邪魔してお話したのが最後になった。

マスターに書いていただいた「語れば熱き音楽人」のコラムは、一生の宝物です。
たくさんの幸せな時間と、生演奏を聴きながらお酒を飲む楽しさを教えてくださったことに心より感謝申し上げるとともに、ご冥福をお祈りいたします。






engelakishino at 22:00│Comments(0)TrackBack(0)音楽 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字