2009年09月

2009年09月25日

バー「アモンデュール」の桃のカクテル

雑誌の撮影最終日は平和町のバー「アモンデュール」

旬のフレッシュフルーツを使ったカクテルは格別ですラブ

今回は桃とシャンパンのカクテル「ベリーニ」を撮影↓
1d70b5d3.jpg


やはりカメラマンの青地さんと同じショットですぐ撮ると、いい写真が撮れますな音符

撮影後、「よろしかったら、ぜひお飲みください」とおっしゃっていただいたのだが、運転手の秋篠は飲めず悲しい
青地さんが美味しそうに飲み干した。

もちろん後日、すぐプライベートでお邪魔しましたわグラス

店内は照明が凝っていて華やか。そして癒されるリラックス空間↓
b7ba7ac0.jpg


マスター・田中さんの美しい所作にも、いつもうっとりラブ

季節感をグラスに注いだカクテル。目にも舌にも心にも贅沢なひとときです笑顔








at 21:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)美酒美食 

2009年09月12日

「Breath of Life」さんと♪

京都発アコースティックソウルユニットの「Breath of Life」さん、地元岡山の「水彩えのぐ」さんとデスペラードにてライヴをご一緒させていただきました。

「水彩えのぐ」さん。透明感あふれるメロディ&歌声が素敵です↓
aeeb20f0.jpg


「Breath of Life」さん。爽やかな風がかけぬけるような清々しいサウンドに魅了されます↓
972d2f67.jpg


そして、例によって不肖エンゲル秋篠はいっぱいいっぱいでした汗

アフターライヴはラブ
f3474992.jpg


「水彩えのぐ」のあやのちゃんとパチリ↓
5311c4a1.jpg


出演者の皆さんとワイワイ&ぐびぐびしながら、楽しいライヴ&アフターナイトでした譜面









at 17:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ピアノ弾き語り 

2009年09月11日

「菜々あぶら屋」の絶品岡山和牛の網焼き

本日は「菜々あぶら屋」の撮影取材。

撮影素材は「特選岡山和牛の網焼き」&「黄ニラと太モヤシのシャキシャキ炒め」器も素敵です↓
2942d171.jpg


う~む、やはりカメラマンの青地さんと同じ角度で撮ると美しく見えますな笑顔

そして今回は、撮影後ゆっくりいただくことができました音符
この和牛、「いちご」というモモとおしりの間のやわらかい部位のお肉だそうで、食べ応えがスゴイのです!どしっとコクのある日本酒と合わせたい感じラブ

備前の自然塩を付けていただけば、旨みが華やかに花開きます。
冷酒が飲みたいところですが、運転あるのでウーロン茶で我慢悲しい

で、どうしても「冷酒とともにあぶら屋のお料理食べたいお口」が我慢できず、後日プライベートで訪問(しかも2連チャンで汗

「お造り盛り合わせ」↓
86bcfb91.jpg


そして、念願の冷酒「喜平」の生原酒↓
e1750887.jpg


「カニ味噌のタルタルサラダ」
カニの身たっぷりのサラダにカニ味噌がソースで濃厚に絡むお酒が進む逸品↓
4d9dc637.jpg


あぶら屋さんは創作中華のお店なので、王道の中華なメニューもオーダー♪「マーボー豆腐」↓
bc2df517.jpg


「もち豚と銀だらの蒸し物」↓
ff146d33.jpg


締めは「エビの塩そば」↓
84bd9517.jpg


そしてデザート?は、果肉たっぷり濃厚梅酒↓
f73c4472.jpg


う~ん大満足ハート
メタボ推進月間はまだまだ続く・・・



at 18:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)美酒美食 

2009年09月04日

「フロマジュリー・ピノ」の芳醇フォンデュ

この日も撮影取材。
本日は「フロマジュリー・ピノ」である。

一昨年は「チーズ盛り合わせ」、昨年は「ガレット&シードル」を撮影。
そして、今年は満を持して「チーズ・フォンデュ」が登場!

今回の撮影は体力的にきつかった。。。。
というのも、よりわかりやすい写真にするために、パンをチーズに浸して掬い上げたところで手を止めて撮影したのだが、その姿勢で動かずじっとしてるのが腹筋がつらいのです、なにぶん普段まったく運動しないので、トホホ汗

カメラマンの青地さんの「はい、OKで~す」の声と同時に、脂汗とともに脱力し、しばらく肩で息しながらその場から動けず汗

そして本日もスケジュールの都合で撮影のみで食べることができなかったので、しかもフォンデュは私プライベートでもいただいたことないので、こりゃあ原稿書くために実食せんといけんでしょうびっくり

ということで、数日後にもれなくプライベートで訪問音符

まずは、「生ハムサラダ」↓
b1d5b5ad.jpg


そして、本日の主役「フォンデュ」の登場↓
6c43724b.jpg


グリュイエール・エメンタール・ゴルゴンゾーラの3種のチーズをブレンドしたフォンデュは、チーズ専門店ならではの味わい。濃厚にして芳醇、そして奥深くこよなく上品ラブ
野菜の茹で具合も絶妙なのです、そしてパンも絶品ハート大満足!

そしてピノではこれはやはり外せません!「ガレット(コンプレ」↓
4e91d666.jpg


さらに、「シーザー・サラダ」↓
8b8f2cea.jpg


デザートに?「チーズの3種盛り」↓
658d57d7.jpg


約100種のチーズはテイクアウトもOK↓
56b727c8.jpg


もちろんぐびぐびグラスの進み具合も良好笑顔

グラスワイン500円~、ボトルも3000円台でいいものが揃ってるから、お財布にやさしいのもうれしい笑い
何せ飲む量が常軌を逸してますからねえ汗













at 21:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)美酒美食 

2009年09月02日

「アペティート」~美味しいピッツァのできるまで~

毎年8月~9月は旅行誌の企画更新で取材行脚の日々。
今年もこの季節がやってきた笑顔

この日は「アペティート」の取材及び撮影。

オーナーシェフ・戸田さん。定番のマルゲリータと包み焼タイプのカルツォーネの両方の味が楽しめる「ルーナロッサ」作成中↓
5edd996c.jpg


手前のカルツォーネ部分の中身は3種のチーズとロースハム↓
b9aafa1f.jpg


マルゲリータ部分は、トマトソース・モッツァレラ・パルミジャーノ・バジリコ↓
3d2b8378.jpg


薪窯で一気に焼き上げます↓
f2bc46a5.jpg


出来上がり!2つの味が堪能できるお値打ちのひと皿↓
ae891b86.jpg


今回も誌面の撮影は、「犬島時間」の代表者でもある青地大輔大先生に依頼。
この写真はブログ用に私が別途撮影したもの。クオリティが誌面用の写真とは雲泥の差ではあるが、一応青地さんと同じ角度から撮ったので、いつもの私の写真よりは見映えがよいようである汗

撮影後は、すぐ次のお店の取材が入っていたのでそのまま失礼したが(実食せずとも、プライベートで何度もお邪魔してるのでピッツァの美味しさはわかってて、原稿も書けるのだけれど)、「ピッツァ食べたいお口」がどうしても我慢できず汗、後日プライベートでランチに訪問。

ピッツァランチは、前菜盛り合わせ、スープ、ドリンク付き。

前菜盛り合わせ&ミネストローネ↓
94f81c88.jpg


ピッツァ「ロマーナ」↓
2d51d5a5.jpg


パリッもちっ、チーズとろ~りの絶品ピッツァに大満足ラブ

しかし・・・取材の度に「○○食べたいお口」を満たした日には、雑誌が発行される頃には、間違いなくまわしを締めて「大相撲岡山場所・土俵入り」決定ですな、トホホ汗 






at 23:45|PermalinkComments(4)TrackBack(0)美酒美食