2008年07月

2008年07月30日

贅沢と罪悪感のコラボナイト?

水曜のレディースサービスデーは、夕方早めに仕事が終われば一人で映画を楽しむ。
(哀しいかな、夕方早めに仕事が終わることは滅多にないので、結局年間2回ぐらいしか行けないんだけどね・・・汗)

映画は人と行くと気が散るので、いつも基本的に一人で観に行く。
どうしても人と一緒に観ないといけない時は、なるべく席を離れて観たい。
(このあたりが自他共に認める「超自己中」の所以である・・・汗)

この日は珍しく水曜夕方に早めに上がれたので、久々に一人で映画を堪能。
シネマクレール丸の内「パラノイド・パーク」を観る。

2007年カンヌ国際映画祭60周年記念特別賞を受賞した作品。
テーマ自体は限りなくシビアだが、少年のナイーブさ、スタイリッシュな映像の中にそこはかとなく漂う退廃的な街の空気感、そして叙情的な自然の映像美が相まった独特の世界を表出する一本。

一人映画鑑賞の後のお楽しみは、もちろん一人晩餐料理&ぐびぐび♪ジョッキ

まずは田町の「菜々あぶら屋」で、晩酌。
超男前にしてセンス抜群の料理人・瀬屋さんが腕を振う中華風創作料理のお店。「蒸し地どりのショウガソース」「カニのあんかけ炒飯」など、中華テイストの料理も絶品だが、何よりここは、お刺身がとっても新鮮で美味しいのだ♪

「カツオの刺身」↓

88d9d11a.jpg


カウンターには目にも鮮やかな旬の野菜がいっぱい↓

d0450fda.jpg


抹茶塩でいただく「ミョウガのかき揚げ」&冷酒↓

284fadb2.jpg


冷酒がすすむ「イカ肝の酒盗」↓

a7923995.jpg


うーん限りなく贅沢。この美味しさを独り占めしてもよいものか・・・。本当に自分のためだけに時間を使っている至福。そして少々罪悪感。

さらに至福&罪悪感を極めるべく?表町の「Bar Amiya」で一人ショットバーを堪能。

ドライ&スウィートベルモットとデュポネのカクテル「ソウル・キス」↓

8d627253.jpg


ラム&コアントロのクリーム系カクテル「プラチナ・ブロンド」↓

cf49a221.jpg


どちらも20代にショットバーでひと晩に10数杯ショートカクテル飲んでた頃に、しばしばオーダーしていたカクテル。久々に飲んでみた。

この店の、桜の木の一枚板のカウンター&長居しても疲れない座り心地のよい皮のイスもお気に入り↓

cf23432d.jpg


マスターの網屋さんは癒し系のほのぼのキャラ。

う~ん、贅沢。そしてまたまた罪悪感。
でもたまにはよいよね?(と自分に言い聞かせつつ・・・)









at 22:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)美酒美食 

2008年07月15日

「手打そば柚子彦」で撃沈

かれこれ半月以上、深夜まで時刻表と格闘する日々が続いている(汗)。

公共の交通機関の会社がクライアントさんで(サラリーマン時代から、15年来ずっとお世話になっている。ありがたや)、時刻表構成やHP関連のお仕事をレギュラーでさせていただいているので、時刻改正の度に様々な編集・更新作業をご依頼くださる。

今回は時刻表構成だけで8本!かなり長い道のりだったが、やっと少し光が見えてきた(ような気がする。。。)

かなり頭も消耗してきたので、そろそろガソリン補給。
先日念願の忘年会を果たしたO嬢のご招待で磨屋町の「手打そば柚子彦」へ。

地元岡山をはじめ全国のとびきり美味しい日本酒と、お酒に合う肴がいただける魅惑の(そして限りなく甘く危険な笑)おそば屋さんである。

日本酒は25mlのグラスから楽しめる。25mlだと一口で飲み干しそうなので(汗)、5勺(半合)のグラスでいただくことに。

あまりの美味しさに調子に乗って、次々くいっくい飲んだので、一体何杯飲んだのやら↓

d30913be.jpg


d366ce19.jpg


お酒のお友は「ホタルイカの一夜干し」↓

ac1fb81e.jpg


そうそう、ビールは、岡山でこれを供しているのはこの店だけという「ヒューガルデンホワイト(ベルギー)」の樽生。その一種だけ置いてるというところにマスターのこだわりがキラリ。爽やかな喉越しにして香りは芳醇、そして後からフルーティーさが追いかけてくる。日本のビールにはない独特の「華やかで奥深い」味わい。↓

e7a7f7fb.jpg


ラー油の香味がピリっと利いた明太子も美味♪(食べかけの画像でスミマセン)

しこたまおかずをいただき、途中でおそばもしっかりいただき、そして杯数の記憶がないほどあまたの日本酒をいただき、お店を出る頃にはすっかり「ご機嫌さん」(汗)。

そして、さらに調子に乗って、平和町の「コントワール」でとどめにカクテルを2杯飲んで撃沈。
ガソリン補給のはずがオーバーヒートですわ。。。。

かたや、O嬢は、とても涼しげな面持ちで、相変わらずお強い(笑)。そして今夜も美しい♪
彼女の涼やかな横顔を残像に残しながら、果てしない酔いの淵に落ちていくのだった。。。。







at 21:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)美酒美食 

2008年07月14日

ゴーヤ三昧?

午前中、お世話になっているクライアント・ヘルシーホームさんにて、毎月定例の社長様との打ち合わせ。

下津社長は、太陽のように明るい方で、お会いする度に、いつもたくさんのパワーをいただいている。
そのカリスマ性・行動力・先見性・スピード感・頭脳明晰さにはいつも感服させられるのだが、同時にとても「お茶目でかわいい」(目上の人&人生の大先輩に向かってスミマセン)魅力度の高い方なのである。

トップに立つ人には、この「底抜けの明るさ」と「人間的なかわいらしさ」って不可欠だとつくづく思う。

さて、本日もしっかりパワーをいただいたところで、さらに、ゴーヤ料理でパワーアップといきますか!(と、もっともらしく書いたが、スーパーで「ゴーヤ2本で88円」の大特価だったので・・・)

まず1本は晩酌おかず用に「ゴーヤチャンプルもどき」↓

ceeadb88.jpg


なぜ、もどきかというと
?甘くまろやかにしたくないので(お酒のアテなので)卵は入れない
?スパムや豚薄切り肉を入れるのが定番のところを豚挽き肉で(挽き肉の方が豆腐と相性がいいような気がする)

<材料>(3~4人前)
・ゴーヤ1本
・木綿豆腐 1丁
・豚ひき肉 150g
・しめじ 1袋
・塩コショー 少々
・鶏ガラスープの素 大さじ1
・こんぶだしの素 大さじ1
・しょうゆ 大さじ1
・酒 大さじ3
・かつおぶし 適量
・ごま油 適量

<作り方>
?ゴーヤは縦半分に切り、スプーンで種とワタを取り除き、5mmほどの薄切りにする。(ホントは塩でもんだり、水洗いするんだと思うんだけど、私は苦いのエグイの大好きなので特に何もしない)
?フライパンにごま油をひき、塩コショーをした豚挽き肉をいためる。
?ゴーヤを入れる。
?石づきを取りほぐしたしめじを入れる。
?水切りした木綿豆腐を手でほぐして入れる(包丁で切らずに手でほぐした方が味が入りやすい)。
?鶏ガラスープの素、こんぶだしの素、お酒、しょうゆを入れ炒め合わせる。
?お皿に持って、かつおぶしをたっぷり掛けて出来上がり!

調理時間は15分。ビールにも日本酒にも焼酎にも合う♪

そして、もう1本のゴーヤはお昼ご飯用の「ゴーヤカレー」に。↓

ed4c6c57.jpg


ということで、これから3日連続で、昼は「ゴーヤカレー」、夜は「ゴーヤチャンプル」。

ゴーヤ三昧・・・というよりもゴーヤ攻めですな。。。。





at 16:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)料理 

2008年07月13日

総社駅前のコロッケ屋さん

日曜日は対外的には休業ということにしているが、実質的にはほぼ毎週働いている。

印刷所が休業で入稿作業が入らないので、印刷物以外の仕事を腰を据えてできる貴重な日である。

平日はニュース等がゆっくり見られないので、日曜は朝から「報道2001」「サンデー・プロジェクト」で今週の政治ネタを仕入れた後(笑)、11:30頃~本腰入れて仕事にかかるのがいつものパターン。

この日は「サンデー・プロジェクト」に自民党・与謝野馨さんと民主党・長妻昭さんが両党きっての論客として、難しい指標のフリップを指し示しながら論を戦わせていた。

私の勉強不足&物分りがわるいせいか、お二人の頭がよすぎるせいか、どちらのおっしゃることも四割ぐらいしか理解できなかった(汗)。
一緒に出演されていた片山虎之助さんのおっしゃることはとてもよくわかった。
「わかりやすい」ことはいいことだ。

政治ネタもひと通りチェックしたところで、今日は総社の企業で出張作業。

元々サラリーマン時代のクライアントさんだったのだが、有難いことにフリーになっても引き続きレギュラーでお仕事をご依頼くださっている。
毎月5日ほど、社長室で社長直属の様々なデータ管理のお仕事をお手伝いさせていただくのだが、これが緻密なシミュレーションや集計があったりして、かなり頭と集中力を使う仕事なのである。

取りあえず、物を書く同じ種類の仕事ばかりしていると脳の同じ場所だけ使って、頭が偏りそうなので、冷静にデータを解析・集計する仕事は、脳の活性化と柔軟な思考形成に有効な気がする。
(もちろん、文章構成にも緻密な論理がまずもって必須なんだけど、考慮に入れないといけないことが多すぎて、つじつま合わせに頭の中がグルグル回って、いつも苦しんでしまうのだ。。。)

尤も、若い時なら頭を使えば脳みそのシワも増えるんだけど、この年なので、「活性化」じゃなくて、かろうじて何とか「老化防止」ぐらいにはなってるかしら。。。

社長はとてもデキる素敵な女性で(女性社長なのです)、そしてとてもお忙しい方なので、日曜でもしばしば出社されている。今日も私がお邪魔したら、早朝からすでにバリバリ仕事をこなされていた(汗)。

お昼は総社駅前のコロ太郎コロッケ「浩新」で調達。↓

24f4cca8.jpg


コロッケやミンチカツ、トンカツはもちろん、ポテトサラダ、キンピラゴボウなどのお惣菜もある。テイクアウトもイートインもOK。↓

4d3a440f.jpg


「桃太郎カツ」が私のイチオシ。いま流行りのいわゆるミルフィーユカツ。しっとりジューシーで、下味がしっかりついているので、何もかけなくてもそのまま美味しく食べられる。
「ポテトサラダ」と「マカロニサラダ」も手作りの美味しさで絶品!

ちなみに今日は社長とお揃いで「コロッケ弁当」持ち帰りをオーダー↓

d76a417a.jpg


揚げたてのコロッケ+鶏の唐揚、ポテトサラダ、お漬物、ご飯で400円。
ボリューム満点でコストパフォーマンスが高い。
オーダーを受けてから揚げてくれるのもうれしい♪
お昼から至福~♪

さあ、午後からもしっかり頭使って、美味しい晩酌へ臨戦態勢といきますか!















at 22:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)美酒美食 

2008年07月09日

「大森食堂」でお鮨♪・・・のはずが今夜も今夜とて・・・

時々むしょうにお鮨が食べたくなる時がある。

前夜、飲み友達のN嬢より「お鮨ご一緒にいかが?」とお誘いがあったのだが、原稿締め切り直前にて頭かきむしりながら(金田一耕助ばりに、ホントに頭バクハツしてた・・・汗)デスクで孤軍奮闘中だったため、やむなく断念。

「今夜こそっ!」ということで、満を持してN嬢と幸町図書館近くの「大森食堂」へ。

「お鮨食べに食堂??」と思われる方もいらっしゃるかもしれないが、「大森食堂」は、夜中にしっかりご飯も食べられる(そしてお鮨も食べられる)雰囲気のいいバー。夜9時オープンで翌朝6時まで営業!

本日のおばんざい&お味噌汁&ご飯でしっかり食べるもよし、おまかせにぎりやお造り&日本酒もよし、チーズ&ワインもよし、お店の間口(入口)はひっそりと佇む隠れ家の風情だけど、奥行きがいろんな意味ですごく広いお店なのだ♪
でも店主の大森さんいわく「食堂です」(笑)

まずは、カウンターに並んだ日替わりのおかずから「わらびのおひたし」「鱧の南蛮漬け」「鶏と豆腐のそぼろ」を↓
553a9195.jpg


「お造り3種盛り」↓
57577cb5.jpg


こうくれば迷わず冷酒でしょう♪
大森さんが別棟の酒蔵?から秘蔵のお酒をセレクトして下さった。「田酒 純米大吟醸」↓
d1920ba7.jpg


酒蔵には、希少なお酒がいろいろストックされているらしい。ちなみに隣のお客さんはシャンパンを開けてた。焼酎も珍しいものがいろいろありそう。

そして、常連さんたちに密かな人気の「鳥ハラミのガーリック焼」↓
9ee5e627.jpg


噛むごとに甘い脂がじゅわーと出てきて、ガーリックの香ばしさと相まって、どっしりと食べ応えあり!

もうお腹いっぱいでこれ以上食べられません。
・・・・というか、今日お鮨食べにきたんじゃなかったっけ?汗

家に帰っても「お鮨食べたい。でもおなかいっぱい」病でなかなか眠れず、
結局、翌日昼、近所の「大漁ずし大元駅店」まで走って「にぎりのミディアムセット」をランチ用に調達!
やっと悲願のお鮨にたどり着いたのでした。。。。

at 15:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)美酒美食