2008年05月

2008年05月31日

ミヤデヒロユキ ワンマンライヴ

岡山は、長年住めば住むほど、温かくて居心地のよい場所。

「人脈」がかなりモノをいう世界なので、今まで頑張って培った人間関係で、通常のルートだと100言ってもひとつも通らないことが、すんなり通ったりすることもある(その場合「誰に一番先に話を通すか」がキーポイントで、それをひとつ間違うとエライことになってしまうのだが・・・汗)。

いわゆる「コネ」という言う呼び方で、そういうことを嫌う人も多いだろう。
また、「岡山は閉鎖的」と言われる一因が、人脈がモノをいうところなのかもしれない。

私は、「浮世の義理」を重んじる岡山の気風が好きであるし、人脈を得ることもその人の実力・努力のうちだと思うので、目的を達成するためには、助けとなる力はありがたくお借りしたいといつも思っている。

そして、筋さえきちんと通しておけば、一見無理難題であっても、実現困難に思えることでも、いろんな方々のお力をお借りして、何とか形にすることもできる(もちろん自分自身も200%頑張りますが)。

そういう意味で、岡山で実績を積めば積むほど、ある程度ベースができて、そこから仕事も趣味もどんどん拡がっていくのだが、もうひとつ上のステージに行くために、あえてベースのない場所でゼロから勝負するというのはすごくパワーのいることである。

前置きが長くなったが、古くからの音楽&呑み友達で、長年音楽活動をしてきた岡山の地を離れ、大阪を拠点に新たなステージで頑張っているシンガーがいる。

いつも爽やかな風の中にいる「好青年」を絵に描いたようなまっすぐなナイスガイ。そんな彼、ヒロ君こと「ミヤデヒロユキ」さんが、デスペにて岡山凱旋ワンマンライヴ開催ということで、お祝いに馳せ参じる。

毎回フライヤーやポスターに一応「後援」ということで、私もライターとして名前を掲載していただきながら、実際のところ自分の仕事にかまけて、何ら応援らしきこともできず(汗)、ライヴにも入稿と重なったりしてなかなか足を運べず、今回は万障繰り合わせの上、やっと駆けつけることができた。

今回のバンドメンバーは、秋山成人(g)、今井一郎(b)、舟尾和晃(ds)、宗和年(key)。ゆるぎない安定感はさすが↓

f8958ad6.jpg


久々に生のステージを拝見したけれど、一皮むけたというか、何かひとつ吹っ切れて、長い迷いの淵を乗り越えたような清々しさと強さを感じさせてくれる伸びやかな歌声。

会場の雰囲気も最高潮↓

a12bf1a9.jpg


こうして岡山を離れて頑張っている人の雄姿を仰ぐと「私も岡山で頑張らねば!」とアドレナリンがガンガン出てくる。
ここ岡山で、自分も決してあぐらをかくことなく、もっともっと頑張る決意を新たにしつつ、今夜もガソリン(=ビール)ぐびぐび注入ジョッキ




at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)音楽 

2008年05月28日

地下にあっても妙に明るい?

自分が出演させていただく、あるいはプロアーティストの招聘など、何らかの用事があってライブハウスに立寄ることも多いけれど、普通にバーとして飲みに行くことも結構多い。

中央町の「MO:GLA(モグラ)」もそんな行きつけのライブハウスのひとつ。音楽の話ができるのももちろん魅力だが、お酒に合う美味しい料理がいっぱいあって、スタッフもとってもアットホームで温かい居心地のよいお店♪

地下に降りていくので、アンダーグラウンドな雰囲気に誤解されがちだが、扉を開けるとそこは、極めて健全で(笑)陽気なホットスペースなのだ。

平日はAM1:00までなのだが、たいてい24:00前後にすべり込んで、2:00頃まで居座る確信犯だったりする(モグラの皆様、いつもゴメンナサイ汗)。

多彩なフードメニューの中でも一番のお気に入りは、「タイ風ココナッツミルクカレー」↓

13aee04e.jpg


辛さとコクが絶妙で、旨味がいつまでも後引く深い味わいは、生ビールとの相性抜群!

日本酒や焼酎飲みたい時は「揚げ出し大根」、白ワインなら「明太ポテトのオーブン焼」、赤ワインなら「トロンベール」(カマンベールチーズのオーブン焼)と、あらゆるお酒に対応する美味しいものがいっぱい!

オーナー夫人のえりさん(とってもチャーミングな女性です♪)との会話も盛り上がってきたので(えりさんの心中は「秋篠来店=今夜も残業決定」かも。。。)、今夜もまた閉店時間を延ばしてしまうかも・・・確信犯ながら懸念していると、ちょうどアフターでお客さんを連れた飲食店の方が数名でいらっしゃったので、それにちゃっかり便乗して(笑)、2:30頃までゆっくり堪能♪


LIVE/BAR「MO:GLA(モグラ)」
住所: 岡山市中央町3-17橋本興産ビルB1F
TEL: 086-235-3277
営業時間: 19:00~AM1:00(金土のみ~AM3:00)
定休日: 火曜






at 18:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)美酒美食 

2008年05月15日

アコースティック・ナイト

ライヴ当日。

14:00まで仕事して、15:00~「楽器堂」にて最終練習。
そして17:00~リハのためデスペへ。今回初めてデスペのアップライトピアノを弾かせていただくのだ。

我が家のリビングのアップライトピアノは、すぐ横のダイニングテーブルで、チーズフォンデュやら豆乳鍋やら繰り広げながら晩酌するという非常に悪環境にあるので、湿気は篭もるわ、酒の臭いも染み付くわ、おそらくシワイことになっていると思われる汗。

その点、デスペのピアノは、日々、素敵な音や聴衆の歓声を吸い込んでいるだけあって、さすがにとても良い音がする♪
生のピアノでステージに立てるなんて本当に贅沢な限りである。

今回ご一緒させていただいたのは、川上ヨージさん、DAMIYAさん、ハカープさん、きんたんめんさんという、ギターによるパフォーマンスの方ばかり。しかももれなく”濃い”面々。

ギター2本のユニット「DAMIYA」さん↓

10b9ad3f.jpg


本職は名ドラマーにして、ギター弾き語りもされる「ハカープ」さん↓

d3764a91.jpg


我がソウルメイト・金さんこと「きんたんめん」↓

90a093be.jpg


そして、自分の演奏写真はありませんが(苦笑)、素晴らしいアップライトピアノのおかげで、幸せに包まれて気持ちよく演奏ができました♪

観に来て下さった方が皆さん「やっぱり生のアップライトのピアノはええ音がするなあ~」とお声を掛けてくださいました。

で、生のアップライトのピアノの音はもちろん素晴らしいのは間違いないのですが、私のヴォーカルは、演奏は果たしてどうだったんだろう???
それについてのコメントはどなたからも、全くなかったのでした。。。。トホホ。





at 20:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ピアノ弾き語り 

2008年05月14日

ライヴ前日一夜漬け?

仕事終わりの22:00~、近所のスタジオ「楽器堂」に篭もって練習。
何故なら明日はデスペの「アコースティック・ナイト」に出演だから。
スタジオに入るのは、前回のライヴ以来。
・・・・つまりまさに一夜漬け練習である汗。

4曲のうち3曲は今までのレパートリーからピックアップするからまだよしとして、必ず1曲は新曲を入れるようにしているのだが、いつもこの新曲の譜面起こしが前々日ギリギリになるのだ。したがってスタジオでの通し練習は常に前日となってしまう。

楽器堂の予約をし、スタジオ入りする度に、オーナーの舟尾さんに「あ、明日ライヴですか?」と言われる(苦笑)。

家のアップライトピアノで歌いながら練習はするものの、やはりスタジオでのマイクを通しての最終練習は必須である。
一夜漬けなので、いっぱいいっぱいで常に余裕はないが、このスタジオに篭もる時間は、スポーツにも似たリフレッシュになって、とても清々しい気持ちになる。

6a1f377c.jpg


雑念が入らず集中することでストレス解消にもなる。料理をしている時の感覚とも似ているかもしれない。

明日はいよいよライヴ。もう一回スタジオ入り通し練習してから、そのままリハ入りするとしよう。

ホントに一夜漬け・・・汗。
懲りんヤツである。。。。




at 19:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ピアノ弾き語り 

2008年05月07日

表町のドイツパブで「いのちの水」補給

「一番好きなお酒は?」とよく聞かれることがある。思わず答えに躊躇してしまう。何故なら、お刺身なら日本酒、カルパッチョや生ハム、ホワイトシチューなら白ワイン、チーズやデミグラスソース系煮込み料理なら赤ワイン、と、食べ物によって飲みたいお酒も変わってくるから。

そんな中で、料理いかんでなく毎日必ず一杯は飲みたいのがビール。ということは、件の質問の答えは、ビールと言ってもよいのかもしれない。料理や会合の流れで、一杯目からシャンパンだったりワインだったりすると、だんだん喉が渇いてきて「あっ、そう言えば今日はまだビール飲んでないな」と、シメにビール飲んだりする。

私にとってビールはいわば「いのちの水」なのだ。

そしてビールといえば、言わずと知れたこの店!表町の「ドイツパブG.G.C.」。
学生時代からもう25年近くお世話になっている陽気なビアホールだ。
古き良き時代の庶民的なヨーロッパの酒場の雰囲気そのもの!このブログのタイトルでもある「ほろ酔い」という言葉がピッタリの、人情味あふれるホットスペースである。

ここでは、まず黒板の「今月のおすすめビール」に注目!
毎月数種類のおすすめビールがあるが、かなり希少なものが多く一定量を仕入れて売り切れたら終了なので、月の前半の来店をおすすめしたい。
そんなわけで今回も連休明けにGO!!

今夜ご一緒したのは、取引先の担当者であり長年の友人でもあるO氏。情報交換も兼ねてちょくちょく晩酌を共にする。

早速5月のおすすめビールから、「オールド・ラスプーチン」(アメリカ)を↓

1a253779.jpg


ピンボケでラベルが見えなくてスミマセン(汗)、かの怪僧ラスプーチンの肖像が入ってます。アルコール度数9%。濃厚で、スモーキーな苦味とカラメルのような甘い香りが共演する奥深い味わい。まさに「フルボディ」ですな。

こういう飲み応えのあるビールはゆっくり堪能したいところだけど、つい美味しいとぐびぐび飲んでしまう。。。

そして今日も、定番の「クランツソーセージ」&最近のお気に入り「ジャーマンサラダのオーブン焼」をオーダー↓

0776b6ed.jpg


この「ジャーマンサラダのオーブン焼」は非常に秀逸な料理!いわゆるポテト&ベーコンのサラダをシンプルに焼いてあるのだが、この手のオーブン焼にありがちなチーズが入っておらずドレッシング味なので、非常にさっぱりとしていて美味。

さらに、新メニュー「ブラックペッパーチキン」にもトライ!↓

e519a4d2.jpg


これがまたこよなく美味しい~。皮目はパリッ、中はジューシー。ブラックペッパーの香ばしさが味覚中枢&アルコール中枢をたまらなく心地よく刺激する♪

そして最後に、ビールやお料理の美味しさもさることながら、このお店に私が通う最大のおすすめポイントは、フロア嬢の田渕さん!太陽のように明るくて、いつもたくさんの元気をいただくのだ。そして彼女のすごいところは100人ものお客さんで満席状態になっても基本的にお一人でフロアをこなされること!!

今夜ももれなく「いのちの水」と「元気」を補給させていただき大感謝!
また来月、おすすめビールを楽しみに♪


ドイツパブG.G.C.
住所: 岡山市表町3-6-21
TEL: 086-233-5865
営業時間:17:00~24:00(金・土・祝日の前日は17:00~2:00)


at 20:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)美酒美食