2009年11月03日

備中国分寺のコスモス畑

春は菜の花と桃とレンゲ、夏はひまわりで目を楽しませてくれる吉備路の国分寺周辺の田園風景。
秋はコスモスが満開になって何ともいえずかわいらしい♪

文化の日、飲み友達のN嬢と珍しく健全に(笑)お酒なしのドライブお花見デート♪
そんな日もたまにはあってよいよね笑顔

国分寺沿道のコスモス畑はまだ2部咲きでしたが、周辺のコスモス畑はまさに見頃↓
243ce763.jpg


コスモスの中で健気に咲く一輪のひまわり発見↓
da31d983.jpg


そしてコスモスと菜の花の競演も↓
5795d20a.jpg


菜の花とひまわりとコスモスびっくり
何だか春と夏と秋がいっぺんに来たような汗


そして花もよいけど団子もね笑顔
コスモス畑の横のベンチで持ち寄りお弁当でランチタイム↓
274fddd3.jpg


今回は運転があるので、ノンアルコール「キリン・フリー」のお世話に笑顔
サンドウイッチ、おじぎり、タラモサラダ、いんげん&チーズの豚バラ肉巻き、焼鮭。ごちそうですラブ

b542c983.jpg


可憐なコスモスに心洗われる秋の日の一日でしたラブ


at 22:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)美酒美食 

2009年10月31日

定番ランチ「味司 野村」&「串揚げ 山留」

力こぶ元気がある時&さらに活力をいただきたい時のランチは

「味司 野村」のドミカツ丼 「小カツ丼」650円↓
cd00fbb1.jpg


若い頃はレギュラーサイズをペロリといただいていたけれど、最近はもっぱら
少し小ぶりな「小カツ丼(ロース)」(お味噌汁・香の物付き)である。

ドミカツ丼発祥の店といわれるここのドミグラスソースは、見た目以上に濃厚なお味。ちょっとチョコレートを彷彿とさせるような栄養価満点の滋味あふれるソース。これを美味しくいただくには、ある程度こちらにも基礎体力が必要な気がする。そして食べればますます活力アップびっくり


笑顔ほっこり胃腸を休めたい時の癒しランチは

★「串揚げ 山留」の「雑炊定食」630円↓
84e9cf48.jpg


鶏のおだしが利いたお雑炊に串5本と香の物。
少し前日のお酒が残って重たい胃にも汗優しいお味。
添えられる串も、思いのほかぱくぱくと食がすすんでペロリと平らげられてしまう。ここの串揚げは衣が軽いので(自家製パン粉)食べやすいのだ。

「これで今夜も元気回復して飲めるぞ!」とうれしい確認をさせてくれる一食音符

老舗名店の2つの定番の味に大感謝ハート


at 13:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)美酒美食 

2009年10月25日

日祝昼限定!「麺屋たくみ」の海鮮塩ラーメン

ずっとトライしたかった中央町「麺屋たくみ」のスペシャルメニュー!
日曜祝日昼限定の「海鮮塩ラーメン」ラーメン

念願の訪問であります笑顔

e182db76.jpg


鶏ガラベースのスープに小柱、あさり、海老の旨みが凝縮された、何とも華やかな一杯。

いつもながら、ここのラーメンは繊細かつ濃密で、見た目も清々しく美しい味でありますラブ
スープも一滴残らず完食!

そして、新メニュー「餃子」も登場!
和食出身の大将が作った餃子は一体どんなふうになるのか?期待大でなります。

次回は「餃子&生ビール」→「海鮮塩ラーメン&冷酒」のフルコースでいきたいものですな音符


at 13:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)美酒美食 

2009年10月16日

「くいしん坊」で定例会

大供表町の「くいしん坊」にて、”西古松・新屋敷飲み歩きレディス”の久々の定例会。
(※前回の「くいしん坊」の記事はこちら

名物「鶏の唐揚」や「マカロニサラダ」にはじまり、今回もボリュームメニューにいろいろトライ音符
(ホント、ここのメニューのボリュームたるや、スゴイのだびっくりびっくり

見た目の存在感も圧巻の「スタミナ焼」↓
26a82a8b.jpg


ぷりっぷりの「海老フライ」↓
b4c46dad.jpg


女4人で食べまくり&飲みまくり~ジョッキ
お腹も心も大満足ラブ




at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)美酒美食 

2009年09月25日

バー「アモンデュール」の桃のカクテル

雑誌の撮影最終日は平和町のバー「アモンデュール」

旬のフレッシュフルーツを使ったカクテルは格別ですラブ

今回は桃とシャンパンのカクテル「ベリーニ」を撮影↓
1d70b5d3.jpg


やはりカメラマンの青地さんと同じショットですぐ撮ると、いい写真が撮れますな音符

撮影後、「よろしかったら、ぜひお飲みください」とおっしゃっていただいたのだが、運転手の秋篠は飲めず悲しい
青地さんが美味しそうに飲み干した。

もちろん後日、すぐプライベートでお邪魔しましたわグラス

店内は照明が凝っていて華やか。そして癒されるリラックス空間↓
b7ba7ac0.jpg


マスター・田中さんの美しい所作にも、いつもうっとりラブ

季節感をグラスに注いだカクテル。目にも舌にも心にも贅沢なひとときです笑顔








at 21:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)美酒美食